Biographyバイオグラフィー

Omar Gaindefall

Omar Gaindefall / オマール・ゲンデファル

セネガルに数世代に渡る音楽一家の家系生まれの伝承音楽家(グリオ)。アフリカ打楽器(ジェンベ、サバール、トーキングドラム)奏者であるとともに、 歌や踊りにも秀でたオールラウンドミュージシャン。幼少期から活動を開始、祭事/儀式で演奏するようになる。
アフリカ全般に知られるジェンベを専門とし、プロミュージシャンとして数多くのコンサート、ツアーに参加。 17歳より「セネガル国立舞踏団」「シノメウ舞踏団」のジェンベソリストを務め、世界各地で演奏。その他数多くのセネガルポップ(ンバラ)グループのバックミュージシャンを務める。
2004年自身の率いたグループがサッカーアフリカ大陸杯「アフリカン・カップ」のオープニングアクトを務める。

2005年来日。「愛・地球博」「アフリカン・フェスタ」、渡辺貞夫コンサートなど多数出演。 来日後、ジャズからエレクトロ、和楽器までコラボレーションしたアーティスト多数。
現在はセネガルと日本を拠点に活動。自身のバンド「Afro Begue」を中心に、駐日セネガル大使館公認式典、JICAイベント等で演奏。

2016年、自身立ち上げ、セネガルの教育環境改善チャリティイベント「SENE-JAPON Festival」をセネガルで開催、趣旨に賛同した上田正樹氏と共演。
バスケットボール女子日本代表国際強化試合2016の日本・セネガル戦において、3試合でセネガル国歌独唱を務める。

全国各地でアフリカンドラムのワークショップを開催するとともに、学校公演等、アフリカ音楽・文化の普及に大きく貢献している。

「ゲンデ(Gainde)」とはウォロフ語で「ザ・ライオン」ライオンの意。セネガルでは、演奏する姿を見た周囲からこの様に呼ばれていた。

 Born in Senegal, Omar is an all-round musician who has mastered percussion instruments such as the djembe, sabar and talking drum (tama), and is also renowned for his singing and dancing skills.
Born to a family of musicians (Griot) in the capital Dakar, he was raised in the Chine area where his natural talent for playing percussion instruments soon led him to play at religious ceremonies and celebrations.
He has toured around the world with the Senegal National Dance Company as a djembe soloist and recorded with several international artists.
He performed at the opening ceremony of the African Cup of Nations 2004 with his own group.
Since 2005, he started his career in Japan. In addition to Afro Begue, he splits his time between performing with various artists in Japan and Senegal .
In 2016, he launched the charity project for Senegalese children, gained official approval from both Senegal and Japan Embassies, and the band had stages in Senegal for the first time.
He sang the national anthem at the all games of opening ceremony of the Wemen's National Basket Game 2016 in Japan, which is the send-off game for Rio Olympics.
“Gainde” means "Lion” in Wolof, a language spoken in Senegal. He is called as "the lion of Senegal" from his performance style.

Performance History

2004 サッカーアフリカ大陸杯「アフリカン・カップ」オープニングアクト
2005 愛・地球博
2007 初ソロアルバム「Yene(イエーネ)」リリース
2008 Tokyo Jazz Festival
ネオ屋台村スーパーナイト World Jazz
TOKYO STATION CITY FESTA
2009 民博
Jass Funk Africa
2010 2ndソロアルバム「Gainde(ゲンデ)」リリース
African Festa
2012 フランコフォニー祭
アフリカンフェスティバルよこはま(開会式) ~2016
2014 Afro Begue 1stアルバム「Begue(ベゲ)」リリース
2015 すみだストリートジャズフェスティバル ~2017
「バオバブの会チャリティーライブ2015」~セネガルの子どもたちに教育を~
青年海外協力隊(JICA)発足50周年記念イベント
2016 RM Jazz Legacy
ママディ・ケイタ来日パーティー(Afro Begue)
SENE-JAPON Festival in Senegal
バスケットボール女子日本代表国際強化試合2016日本・セネガル戦 国歌独唱(3試合)
はこだて国際民俗芸術祭(Afro Begue) ~2017
2017 Afro Begue 2ndアルバム「Santat(サンタット)」リリース
TOKYO INSTRUMENTAL FESTIVAL
TOKYO JAZZ FESTIVAL "the STREET"
2018 明日の日本を考える LIVE FOR NIPPON Vol.81
祝酒2018
Party The Playwright -5th Anniversary-
Earth Day Tokyo 2018
GLaSSY MUSIC Fukuoka 2018
佐賀城下Jazz Festival
Coleman Outdoor Resort Park 2018
下北沢音楽祭「ザ・うちあげ」
Yukuhashi Seaside Fes 2018
FUJI ROCK FESTIVAL '18
榛名湖山の日音楽祭

その他、多数イベント出演

Afro Begue(アフロベゲ)afro-begue.com

Afro Begue

ジェンベ・マスターのセネガル人、オマール・ゲンデファル率いるアフロビートバンド。
「アフロベゲ」の「ベゲ」はウォロフ語で「楽しむ」の意味。
セネガルに数世代に渡る伝承音楽家(グリオ)であるオマールの伝統音楽と現代のサウンドを融合させたオリジナルサウンド。
2014年 1st Album「BEGUE」、2017年にはPlaywrightより2nd Album「SANTAT」 をリリース。
「ジェンベの神様」ママディ・ケイタ氏来日パーティーで演奏、ママディ氏より高く賞賛させる。
また、国内最大級のジャズフェスティバル「東京JAZZフェスティバル」をはじめ、「アースデイ東京」「すみだストリートジャズ
フェスティバル」、「中津川 THE SOLAR BUDKAN 」、そして2018年には遂に「FUJI ROCK FESTIVAL」にも出演を果たし、
アフロベゲ流の西アフリカ音楽で大観衆を魅了した。
2019年4月にはキャリア初となる7inch「Boula niit tognié」シングルを発表、6月には3rd Album「Balkô」のリリースも決定している。
世界中のダンスフロアで再注目が進むアフリカ大陸全土のダンスミュージックだが、ここ日本でも着実にリスナーを増やしている。
日本を代表するアフロビートバンドなることは必至の存在だ。

Afro Begue is an afro beat band led by Senegalese djembe master, Omar Gaindefall.
The word "Begue" of Afro Begue means "enjoy" in Wölöf. Their music is very unique for the fusion of modern sound and traditional music of Omar as a Senegalese griot, who has passed down the music through generations. They released their 1st album "BEGUE" in 2014, and 2nd album "SANTAT" in 2017 from Playwright. They also played their music at the welcome party for "god of Djembe" Mamady Keïta,
and the performance was greatly praised by him. They also performed at Japan's biggest Jazz festival "Tokyo JAZZ Festival,"
"Earth Day Tokyo," "Sumida Street Jazz Festival," and "Nakatsugawa THE SOLAR BUDKAN." In 2018, they finally appeared
on "FUJI ROCK FESTIVAL", and attracted the huge crowd with their Afro Begue style music from Western Africa.
In April 2019, they are introducing the 7-inch single"Boula niit tognié"for the first time in career and will release their
3rd album "Balkô"in June. Dance music from the whole African continent is getting attention around the world once again, and also increasing more listeners here in Japan. Afro Begue is sure to be representative afro beat band of Japan.


Omar Gaindefall (Vo, Djembe)
Yusuke Tsuda (Gt.)
SuzKen (Ba.)
Toshiyuki Sasaki (Dr.)