Workshopワークショップ

★ 伝承音楽家(グリオ)オマールによる本格的なワークショップ! ★

日本にいながら代々伝わるリズムを楽しく学べます。
リフレッシュに、ストレス発散に、新しい楽器挑戦に、、、
子どもから大人まで、幅広い世代が楽しめるジェンベ。
癒し効果もあるジェンベ、ぜひ一度お試しください!

Gainde Production主催

- ジェンベワークショップ -

6/18(Sun)
【福生開催!ランチ付】ジェンベ(ジャンベ)ワークショップ2017
14:00~16:30
Place:KC's DINING
東京都福生市大字福生878-9(JR福生駅から徒歩5分)GoogleMap
Fees:4,000yen(ランチ、ワークショップ代含む)、Rental:1,000yen
For more detailsFacebook Event Page



- Contact & Reservation -

Gainde Production workshop@gainde-production.com

公演 <アフリカ伝統音楽体験コンサート~子どものための国際交流~>

  • 未来を担う子どもたちへ、音楽のルーツ「アフリカ音楽」をとおして国際交流をしませんか?
    関東近郊にて、伝承音楽家オマール・ゲンデファルを中心に「本物」を体験する参加型コンサートを行います。
    アフリカ音楽と子どもたちの笑顔が世界をつなげます。
    詳細はこちらをご覧ください。
    アフリカ伝統音楽体験プログラム~子供のための国際交流~
  • - Contact & Reservation -

    Gainde Production info@gainde-production.com

    • ジェンベ(ジャンベ) Djembe

      ジェンベ(ジャンベ)

      西アフリカ全般で叩かれている打楽器。叩き方によって主にジャンベの持つ低音から高音まで3色の音色を出すことができる。近年は、伝統的な演奏形態だけではなく、ロックやジャズなどの自由な演奏形態でも用いられる。

    • タマ(トーキングドラム) Tama(Talking drum)

      タマ(トーキング・ドラム)

      西アフリカ一帯で見られる鼓型の太鼓。脇に抱えロープのテンションを変化させ、音程に高低をつけ演奏する。先が曲がった木のスティックを使用。形は日本の「鼓」によく似ていて、いわゆる「話す太鼓」は、通信手段としても用いられた。トーキングと言うだけあって本当に喋っているかのような音色が魅力。

    • サバール Sabar

      サバール

      西アフリカ、セネガルの民族楽器。くり抜いた木に皮を張った片面太鼓で、手とスティックで叩く。元来、サバールは他の村とのコミュニケーションのために使われていた。現代では結婚式やお祭りでは太鼓奏者のリズムに合わせてダンサーが踊る。リズムのテンポが非常に速いのが特徴。

    Sabar photo by Michael Brouwer, Amsterdam, the Netherlands, used under CC BY-SA 3.0